会社案内の映像制作で英語字幕を入れる2つのメリット

海外進出を考えていたり、外国人向けのサービスや商品を提供している会社なら、会社案内の映像制作では英語字幕を入れるとよいでしょう。
字幕を入れることには2つのメリットがあります。
1つめは日本語がわからない外国人にも伝えたいことを字幕から読み取ってもらえることです。
映像のよいところは目で見て映像から伝えたいことを知ることができることですが、会社案内の映像制作では映像だけでなく音声を使ってメッセージを伝えます。日本語がわからない外国人は、音声からのメッセージを理解できません。
英語は世界共通の言語なので、英語字幕を入れておけば多くの人にメッセージを伝えることができます。
もう一つのメリットは曖昧にならないことです。
文化の違いにより、同じ映像を見ても違う受けとり方をする場合があります。これを回避することに英語字幕が役立ちます。映像だけでは勘違いされて受けとられてしまうようなことも、字幕もつけて説明することで正しく伝わりやすくなります。