会社案内の映像制作で最初に行なうべき重要なこととは?

会社案内用の映像制作を行なう場合、まずは何をしなければならないでしょうか?
「とにかく撮影しないと始まらない」とビデオカメラやスマホを片手に行動することは大事ですが、会社案内を誰にどのようなシーンで見せるのかといった、そもそもの目的を最初にしっかり考えることが重要です。
会社案内と一口に言っても、見てほしいターゲットとなる方々は様々です。
たとえば、顧客向けが考えられますが、顧客と言っても一般生活者の場合もあれば法人客の場合もあります。一般生活者の場合、会社の商品づくりについてを知らせたいのか、働いている従業員を中心に紹介していきたいのかといったことも合わせて考える必要があります。親しみを覚えてもらうためにも、一般生活者向けの場合はあえて軽い内容でもOKかもしれません。一方、法人客の場合は取引相手や見込み客なので、硬派な内容の方が信頼感も増すかもしれません。
また、リクルート用としての目的であれば、学生に対し、どんなときに何を知ってもらいたいのかも考えなくてはならず、会社案内用の映像制作はこのように、まずは目的設定が重要なのです。