「広く社風を発信」会社案内映像の制作メリットについて

多くの会社にとって、自社情報を広く世の中に発信していくことは、顧客・取引先へのサービス提供、株主への現況報告、社員・従業員の募集など様々な場面において不可欠となっています。
会社を取り巻くステークホルダー(利害関係者)に対し、自社を正しく理解してもらい、良好な関係を築いていくため、会社案内というツールを用意し、ホームページや冊子、広告媒体等で公表しています。
多くの会社が制作している会社案内だからこそ、他社との差別化を図り、自社の独自色・優位性をアピールしつつ、新規取引先の獲得、株主への理解度向上、優秀な人材確保等に繋げていきたいところです。
そのための一手として、「自社の概要を集約した会社案内用の映像を制作して公開する」といった手法が挙げられます。
商品(サービス)・社員・施設(職場、現場の様子)などについて、映像を使用して伝えることで、文字や写真だけでは伝わらない会社の社風(風土)を受け手に感じてもらうことが可能となります。
また、昨今ではスマートフォンやSNSの普及により、映像放映による話題拡散も常識となっており、自社ホームページに限らず、様々な媒体での活用も期待出来ます。
多様化する社会にあわせて情報媒体の形式も変化しており、それに対応した会社案内が求められているのです。