静止画よりもグッと伝わる、会社案内は動画制作が良い理由

会社案内をホームページなどで公開していることは良くあると思います。
その多くは静止画で、会社の事業内容や役員などを紹介しているということだと思います。

しかし、それが誰の為なのか、というターゲットによっては、あるいは業種によっては、静止画よりも動画の方が、伝わる力が膨らむ場合があります。

動画の良いところは、動きがあるところ、そして、音声があるということです。
これらの良さは臨場感があるということになります。
臨場感があるのが何が良いのかというと、見た人が自分もそこにいるかのように「錯覚」するということです。

たとえば小売業などで直接消費者と触れ合う機会の多い場合、動画で会社案内することにより、静止画よりも何倍も自分達の良さをダイレクトに伝えることができるはずです。

ここで良く問題になるのが、動画制作するのが大変だということです。

動画制作による会社案内はメジャーになってきているので、自分たちが難しければ外注することも出来る時代です。外注も視野に入れて考えてみるのも良いでしょう。